MENU

夜盲症の治療方法や原因・亜鉛などの有効成分の効果について!

 

夜盲症は古くからよく知られている病気だと思います。

 

ビタミンAが不足していると発症するイメージがあるかもしれませんが、食生活が変化した現代ではビタミンA不足が原因となるケースはそう多くありません。

 

 

今回は夜盲症の治療方法や原因を知るとともに、目を良くするためにできることをチェックしていきたいと思います。

夜盲症には効果的な治療方法がありません

 

夜盲症の原因がビタミンA不足の場合はビタミンAを投与すると治るようですが、それ以外のほとんどの夜盲症では確実な治療方法はありません

 

夜盲症の方は光刺激に弱いことから、屋外での作業を控えたり、遮光性の高い眼鏡を使用するなどの対策が必要であり職業によっては働くことが難しくなることもあります

 

夜盲症ってどんな病気?症状について

 

夜盲症はその名の通り、夜になると視力が著しく低下する病気です。

 

明るいところから暗いところに入ると直後はなにも見えませんが、しばらくすると暗さに慣れてきて見えるようになってきます。

 

夜盲症ではこうした暗順応に障害が起きます。一般的には「とり目」と呼ばれる現象ですね。

 

通常なら視力が一時的に少しだけ低下する程度ですが、夜盲症の場合には視力に極端な低下がみられます

 

夜盲症になる原因と種類

 

夜盲症は大きく先天性と後天性に分類されます。
それぞれの原因や症状の詳細を確認してみましょう。

 

先天性夜盲症

 

先天性夜盲症のうち、幼児期の視力の低下に始まり、視野狭窄が発生するものを進行性先天性夜盲症といい、白点状網膜症網膜色素変性症などの種類があります。

 

一方、幼児期から発症しても進行することなく、明るいところでの視力や視野は正常であるものは非進行性先天性夜盲症といい小口病眼底白点症などがあります。

 

先天性夜盲症の原因は不明ですが、遺伝傾向がみられるのが特徴です。

 

 

後天性夜盲症

 

後天性夜盲症ではビタミンA欠乏症のほか、網膜絡膜炎や眼球鉄錆症などの眼底疾患に伴うものが多くみられます

目を良くするためにできることは?

 

夜盲症のほとんどは有効な治療方法がありません。

 

そこで注目されているのが目を良くする取組みです。最近では視力回復トレーニングなどと呼ばれていますので、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

 

視力回復トレーニングは大きく3種類に分かれています。

 

視力を回復することで夜盲症が改善する可能性がありますから、ここから目を良くするためにできることをまとめてみました。

 

簡単に実践できるものが多いので、ぜひ試してみてください!

 

 

血行促進トレーニング

 

目の周りの血行を促進することで筋肉をほぐし、正常な目の働きに回復させる方法です。

 

 

蒸しタオルを使った血行促進

 

水で濡らしたタオルを軽く絞ったあと、電子レンジで1分ほど温めます。

 

触れてみてじんわり温まるくらいの温度であることを確認したら、まぶたの上に5分間置いておきます。
アロマオイルを1、2滴加えるとリラックス効果がアップします。

 

自分で準備する手間が面倒だという方は、ドラッグストアなどで使い捨てタイプの蒸しアイマスクを購入すると良いですよ。

 

 

パーミングによる血行促進

 

手を擦り合わせて体温を上げ、手のひらのくぼみを使って目を覆う方法です。

 

道具は一切必要ないので目が疲れたと感じた時に手軽にできますね。

 

 

ツボ押し

 

目の周辺にはツボがたくさん存在しています。

 

・目頭にある清明(せいめい)
・目尻にある瞳子(どうし)
・両目の下にある骨の中心あたりの承泣(しょうきゅう)

 

などのツボを指の腹を使って押しましょう。血行改善は目に直接的に効果をもたらします。

 

 

まばたき

 

顔全体をぎゅっとするイメージで、強いまばたきをします。

 

1から5まで数えるのに合わせてぎゅっと強くまばたきして、最後はその状態で5秒間保ちます。

 

これを3セット行うだけでも血行が促進されます。

 

 

外眼筋を鍛えるトレーニング

 

眼球をさまざまな方向に動かす時に使う外眼筋を鍛えることで、血行を促進しつつ、目の疲れを回復して眼病予防ができます。

 

一番簡単なのはペットボトルのキャップを2個同時に落とし、目の動きだけでキャップを追う方法です。
1日1分を目安に毎日欠かさずトレーニングするようにしましょう。

 

 

外眼筋を鍛えるトレーニングはスマホのアプリなどにもあります。
画面にある数字を順番に追ってタッチするだけで良いので、子供から大人までゲーム感覚で楽しみながらできます。

 

 

毛様体筋を鍛えるトレーニング

 

私たちが目で見たものがぼやけないのは、毛様体筋とよばれるピントを調節する筋肉が働いているからです

 

その毛様体筋も、トレーニングを行うことで鍛えることができます。

 

毛様体筋トレーニングは2種類ありますので、偏りがないようバランスよく実践してくださいね。

 

 

遠近体操法

 

近いものと遠くのものなど、距離が離れているものに繰り返しピントを合わせるトレーニングです。

 

手を伸ばした先にペンなどを持って、ペンと遠くの景色を交互に見るようにしましょう。

 

遠方凝視法

 

遠くにある一点を集中して見つめるトレーニングです。

 

できるだけ遠くにピントを合わせるようにしましょう。

 

 

目に良い効果をもたらす成分にはどんなものがあるの?

 

夜盲症のような目の病気では、物理的なケアが多くなりがちですが、目に良い効果をもたらしてくれる有効成分を摂取するのも重要です。

 

目のトラブル対策ができるサプリメントがあるくらいですから、内側からのケアも意識してみましょう。

 

 

アントシアニン

 

目に良い食べ物として知られているブルーベリーなどに含まれている成分です。

 

ロドプシンと言われる紫色の色素を作り出す働きを高め、眼精疲労や視力の回復に至るまで、目には特に効果がある成分です。

 

 

アスタキサンチン

 

アスタキサンチンは老化の原因となる活性酸素を除去して、毛様体筋のピント調節機能を正常化させてくれます。

 

 

亜鉛

 

亜鉛は目にとって不可欠な成分のひとつです。

 

目の中の角膜・網膜といった視覚にとても大切な役割を担う部分の原材料はコラーゲン。このコラーゲンの生成に大きくかかわっているのが亜鉛です。

 

 

目の網膜は、外から入ってくる光を感知する重要な部位なのですが、亜鉛はここにも多く存在して、目の働きをサポートしています。

 

亜鉛が不足すると光を受け止める力が低下します

 

かすんだり、ぼやけたり、日常生活に支障が表れはじめます。

 

 

さらに亜鉛は中枢神経に関わっている成分なので、不足すると神経伝達がうまく働かなくなることもあります。

 

物が見えにくくなって夜盲症になってしまう可能性があるのです。

 

亜鉛は夜盲症以外の目の病気にも効果を発揮し、摂取することで進行を遅らせることができるという研究結果があります。

 

・夜盲症
・緑内障
・白内障
・黄斑変性症
・ドライアイ
・眼精疲労

 

亜鉛が不足することでさまざまな目の病気のリスクが上がってしまいますので、目を良くするためにも眼病予防としても亜鉛を摂取することは非常に有効であると言えるでしょう。

 

 

亜鉛は食べ物から取り入れられる量が決して多いとは言えませんので、サプリメントを活用すると効率的です。

 

亜鉛を主成分にしたサプリメントを毎日飲み続けることで夜盲症にも良い効果をもたらしてくれるはずです。

 

 

 

【まとめ】

 

夜盲症にはこれといった治療方法が確立されていないため、発症していてもそのまま放置している方が少なくありません。

 

 

夜盲症だから仕方ないと諦めて長期間ケアをしていないと、視力や視野にさらなる異常が起こり、日常生活に支障をきたしてしまう可能性があるので、負担にならない程度にセルフケアするようにしていきたいものです。

 

 

亜鉛などの有効成分を摂取し、視力回復トレーニングを実践して、夜盲症の悩みを改善していきましょう。

 

 

⇒亜鉛サプリメントの有効性と副作用解説!賢こく効果的に亜鉛を摂取するには?

関連ページ

味覚障害の治療と原因【7日で治すセルフ改善・対策方法まとめ】
味覚障害の治療を主に紹介しています。味覚障害の原因を知り、病院での治療の前に自分でできる対策・改善方法をご紹介しています。
全身倦怠感の治療と自分で行いたいセルフケア情報まとめ
全身倦怠感は肝臓の働きが由来となり症状をきたすことが考えられています。全身倦怠感でお悩みの場合、治療の前に行えるセルフケアについてご紹介します。
舌痛症の治療・改善方法と治った方の体験談【亜鉛は本当に有効?】
舌痛症で悩んでいる方はの為の治療・改善対策方法をまとめました。治った方や舌痛症を体験した方の声などもご紹介します。亜鉛の有効性についても解説しています。