MENU

白目が黄色く黄ばんでしまったら。それ、肝臓からくる黄疸かも。改善・対策方法まとめ

 

白目に濁り・黄ばみの症状が出るのは黄疸の可能性もっとも高いのは知っていますか?

 

 

黄疸は体の皮膚が黄色くなると思っている方が最も多いのですが、実は黄疸は「白目」から始まることが多いのが事実です。

 

男性は気にする方が少ないかもしれませんが、女性で白目に濁り・黄ばみ等の黄疸があると、顔の印象が悪くなりますし、健康状態が悪い人なのかな?と思われたり、損をするシーンが多くなります。

 

 

 

黄疸で白目の濁り・黄ばみが目立つ方の為に症状や改善方法などをまとめてみました。

 

 

白目の濁り・黄ばみ(黄疸)の症状について

 

・白目が全体的・局所的に黄ばんでいる
・白目が濁っている

 

このような症状は加齢によっても起こりますが、明らかに濁り・黄ばみが目立つ場合には肝臓になんらかの異常が起きていると予想されます。

 

なんらかの異常が肝臓に起きると、白目の濁り・黄ばみが目立つ原因である、「黄疸」が発生します。

 

 

黄疸とは、血液中の赤血球が寿命を終え、壊れるときに生成されるビリルビンという物質によるものです。

 

ビリルビンが血中に溜まり、ビリルビンの持つ黄色い色素が血液に混じって全身に流れ、皮膚や白目が黄色くなります。

 

 

 

黄疸の主な原因には肝機能が低下していたり、肝臓病または自己免疫性溶血性貧血があります。

 

肝臓病は肝炎肝臓がん脂肪肝胆管炎などによって肝臓の働きが低下し、ビリルビンの処理がうまくできなくなります。

 

自己免疫性溶血性貧血はかなり可能性が少ないですが、赤血球を攻撃する抗体が増えるためビリルビンが急増します。

 

皮膚の黄疸はある程度症状が進まないと気付きにくいものですが、白目は色が変化すると早期に気付くことができる部位です。

 

 

病気を発見するサインでもありますので、定期的にチェックするようにしましょう。

 

 

白目の濁り・黄ばみ(黄疸)を改善する方法

 

では、白目の濁り・黄ばみを改善するにはどのような方法があるでしょうか?

 

 

 

黄疸は、肝臓の働きが低下しているサインですので、肝臓の負担を減らすことが大切です。

 

また、黄疸は肝臓の機能低下、つまり、体の内側から変えていかなければ治らない病気です。
黄疸は、傷や怪我のように、湿布や塗り薬で治るものではありません。

 

生活習慣・食生活の2つの側面から目の黄疸は対策することが必要になってきます。

 

肝臓が良くなると、その他の高血圧や冷え性なども改善するきっかけになるので、自身の習慣を見つめるきっかけにしていきましょう。

 

 

 

悪い生活習慣を改善

 

 

 

普段から飲酒の習慣がある場合には、摂取する量や回数を減らしましょう。休肝日をつくるだけでも肝臓の負担は少なくなります。

 

どうしても外せない飲み会がある場合には、飲酒前にオルニチンなどの肝臓の機能をサポートしてくれる栄養素を摂るようにすると良いです。
オルニチンはしじみに豊富に含まれています。しじみ汁を飲んだり、サプリメントを摂取するのも効果大です。

 

飲酒と同様に、喫煙も控えるようにしましょう。

 

⇒飲酒の肝臓への影響

 

 

 

食習慣を改善

 

 

 

抗酸化作用のある緑黄色野菜、リンゴなどの食品を積極的に摂ることも大切です。
緑茶に含まれるカテキンには肝臓の働きを回復させる作用があります。

 

 

先に挙げたオルニチンやタウリンを多く含む、しじみなどの貝類も肝臓に良い食品です。

 

 

 

オルニチンは肝臓の機能を高める事が医学的にも立証されているほど、今注目されている成分の一つ。
肝臓数値の改善の効果も報告されています。

 

食習慣を見直して肝臓を元気にしてあげたいところです。

 

⇒しじみでなぜ肝臓が元気になるの?

 

 

肝臓に悪い外的要因

 

 

 

あまり知られていませんが、ストレスや疲れも肝臓に良くありません。

 

ストレスや疲れが溜まっていると睡眠不足になってしまったり、食欲が減退して栄養が不足する、血行不良になりやすいなど、肝臓に悪影響を与えてしまいます。
リラックスできる時間をつくり、休みの日はゆっくりと休息をとるようにしてください。

 

⇒さらに詳しいストレスの影響ページへ

 

【最後に】

白目の濁り・黄ばみを改善するためには、体の内側、つまり生活習慣そのものを変えていく必要があります。しかし、肝臓の機能を高める食品を摂取したり、十分な休息を確保することが難しいという現実もあります。

 

肝臓に良い食事を続けるのは経済的にも難しく、運動などは時間が必要になるので、忙しい方は始める事すら難しい場合が多いのが難点です。

 

 

 

 

肝機能をサポートしてくれるオルニチンやタウリンなどの栄養素は実際のところ、食品で摂取するよりも健康食品であるサプリメントなどで補給するほうが含有値的にも効率的です。
サプリメントであれば必要な栄養素だけを取り込むことができますし、何より低コスト

 

肝臓の改善を自分に合ったの方法で取り組み、目の濁り・黄ばみ(黄疸)を改善させていきましょう!

 

⇒【疲労臭】男女ともに増えているアンモニア臭とは?

 

\180万人の方が効果を実感!ワンコインのオルニチンサプリ/

オルニチン

関連ページ

ビリルビンが高かったら肝ガン?!どんな病気が考えられる?
総ビリルビンが高いと、ある病気が疑われます。総ビリルビンが高値だった場合はしっかりと病気のリスクを把握し、向き合いましょう!
血液がドロドロだと肝臓にも負担あり?【ドロドロ血液の悪影響情報】
ドロドロ血液は肝臓の機能低下の始まりです。流れが悪いドロドロ血液の改善方法も合わせて取り入れ、肝臓の機能向上につなげましょう。
肝臓からくる倦怠感は改善できる?その方法は?
肝臓の働き低下からの倦怠感でお困りではないですか?それは肝機能低下が原因かもしれません。しっかり原因を把握して、肝臓の働きを高め、倦怠感を改善する方法を熟知しましょう!
肝硬変って予防する方法はありますか?症状を進行させないためには?
肝硬変の症状を進行させない、これから予防したい!という方の為の肝硬変の概要&予防情報をまとめました!
疲労臭と改善・対策方法まとめ
疲労臭で悩む方向けの改善・対策方法をまとめました。肝臓の働きが原因でくる疲労臭。改善や対策方法で悩む前に一発解決!
脂肪肝の症状・原因・予防法とカンタン改善方法【肝臓数値を改善!】
脂肪肝の改善方法を中心としたページです。隠れ脂肪肝が急激に増加しています。脂肪肝のリスクや症状・予防とサプリメントなどについても詳しく解説しています。
非アルコール性脂肪肝【NASH】は改善できる?自分で改善させる為には
非アルコール性脂肪肝で悩む方の改善方法や概要のまとめページです。非アルコール性脂肪肝は近年男女問わず増加傾向です。リスクを減らし、改善・予防に努めましょう!
胆石症と医者から言われました。原因と治療法を教えてください。
胆石症の原因と治療方法についてのページです。胆石症と診断されてしまったらどうしたらいいのか、改善させる方法はあるのか、こちらでご覧ください。