MENU

しじみの肝臓への効果【噂のオルニチンとは?】

 

肝機能改善に役立つ成分【オルニチン】

 

肝機能を改善し、総ビリルビンやγGTPをはじめとした肝臓数値を下げてくれる栄養成分についてご紹介します。
結論から言うと、肝臓に効果的なのは「オルニチン」といって、しじみに多く含まれている成分です。

 

 

毎日しじみやオルニチンのサプリメントを服用することにより、肝臓内にオルニチンが貯蔵され、後述の「オルニチンサイクル」が活性化されます。これにより、肝機能を改善が図られます。

 

 

【オルニチンサイクル】が肝機能アップの要

 

肝臓には先ほど述べたオルニチンサイクルという機構があり、この作用があることで有毒物質(アンモニア等)を無毒化することができています。

 

オルニチンが肝臓に貯蔵され、このオルニチンサイクルが活性化することによって、低下した肝機能を元に戻し、総ビリルビン値を改善することが可能となるのです。したがって、

 

・肝臓の数値を下げたい
・肝機能を回復したい
・肝臓の病気の予防をしたい
・アルコールを摂取する機会が多い方

 

上記に当てはまる方にとって絶好の食品というわけです。

 

 

オルニチンは【科学的にも有効◎】

 

オルニチン研究会の実験結果では、オルニチンを3週間摂取し続けたのちに採血を行うと、ほとんどの方の総ビリルビン等の数値改善がもたらされたという結果が出ています。

 

また、アルコール性脂肪肝炎の動物実験においても、進行の抑制が確認されたとの報告がされています。

 

このように、オルニチンで総ビリルビンの値を改善し、肝機能を上昇させることのできる余地がある場合、すぐに対処することで重篤な病気を防ぐことができる事が裏付けによって証明されています。

 

総ビリルビン/γGTP/ALP/AST等の値を改善したい方や肝臓の病気を予防したい方、また先天的に肝機能が低下している方は、オルニチンを積極的に摂取されることをおすすめします。

 

 

オルニチンを摂取する【効率的な方法】

しじみに多量に含まれているオルニチンですが、多量といっても「しじみ100g」に含まれる量はほんの15mg程度です。

 

オルニチンの摂取目安は1日およそ400mg〜1000mg

 

必要な量をすべてしじみから摂取するとなると、2.6kg〜6.6kg、価格にして約4,000〜8,000円以上にもなり、とても現実的とは言えない数字です。
また、毎日しじみを食べるのは飽きますし、しじみが好きではない方もいらっしゃると思います。

 

サプリメントであれば毎日1~2粒服用するだけで、一日の必要な量のオルニチンを摂取することが可能です。また、サプリメントは30日分で1,000円を切るものもあります。

 

必要に応じて導入し、肝機能を高める取り組みを行っていきましょう。

 

→プラスするだけで肝機能が高まる食べ合わせとは?

 

→皆が選んでいる肝臓サプリはどれ?【最新】肝臓サプリメント3選

関連ページ

肝臓の機能アップには牡蠣!でもなんで?
牡蠣は肝機能を高める食品としてしじみと並んで有名です。しかしなぜ牡蠣が有効なのでしょうか?こちらで詳細を解説!
効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】
肝臓に良い食べ物は数多くありますが、実は一緒に食べるものを工夫するだけでその効果が何倍にもなります。
肝臓病食のレシピ・献立【肝臓に負担をかけ続けるとこんな食事に?!】
肝臓病食について。肝臓に病気があると食事にも制限がはいります。どれだけ食事制限があるのか、実際の肝臓病食をモデルとしたメニューをごらんください。
食べる量・カロリーをひと工夫で無理なく減らす方法!【脂肪肝予防法】
脂肪肝の要因は食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎがそのほとんど。こちらではそんな食べる量やカロリーを無理なく減らし、食事における脂肪肝対策をご紹介します。