MENU

最近よく目にする機能性表示食品って何?

機能性表示食品という言葉を目にする機会があると思いますが、普通の健康食品とどんな違いがあるのかを説明するのは難しいですよね。

 

 

機能性表示食品がどういったものを指すのかを知れば、あなたの健康生活がさらに充実するはずです。

 

機能性表示食品の制度やガイドラインを始め、トクホとの違いなど気になることをまとめてみましたので参考にしてみてください!

知っているようで知らない!機能性表示食品とは?

機能性表示食品はわりと最近制度が施行されたばかりなので、名前自体を知らない、という人も少なくありません。

 

機能性表示食品とは

機能性表示食品とはなにか、ということを考えると
なんだか複雑なそうなイメージを持たれるかもしれません。

 

・目の健康維持に役立つ
・お腹の具合を正常化
・血中コレステロールが気になる方に

 

「機能性」とはこのような健康効果のことを示しており、特定の保健目的が期待できる食品の機能性をパッケージ等に記載・表示することができるものを【機能性表示食品】と言います。

 

商品を選ぶ立場になったとき、『この食品にはこんな効果があるんだ』ということがひと目で分かるので、分かりやすく選びやすいというメリットがあります。

 

保健機能食品と一般食品の違い

機能性表示食品は保健機能食品というカテゴリーのひとつです。

 

保健機能食品は全3種類。

 

・栄養機能食品
・トクホ(特定保健用食品)
・機能性表示食品

 

 

これらの保健機能食品は3つとも科学的根拠に基づいており、健康への効果が確かめられたものだけが認められます。

 

 

一般食品は機能性の表示(効果など)が許可されていない食品です。

 

・栄養調整食品
・健康補助食品
・栄養補助食品

 

これらの表示がされているものは健康効果がありそうですが、実際には機能性は認められていない一般食品に分類されています。

 

同じ食品ではありますが
保健機能食品と一般食品では大きな違いがあるんですね。

機能性表示食品制度のメリット

実はこれまで食品の機能性について示すことができたのはトクホと栄養機能食品の2種類だけでした。
なぜ新たに機能性表示食品制度ができたのでしょうか?

 

トクホ・栄養機能食品の概要

機能性表示食品について知る前に、まずトクホや栄養機能食品とはなにかを簡単に説明しておきます。

 

トクホ(特定保健用食品)

健康の維持・増進をサポートする効果が科学的根拠に基づいて認められている食品で、表示されている効果や安全性は国が審査し、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

 

栄養機能食品

1日に必要とされる栄養成分が不足しがちな場合に、それを補給補完するために利用できる食品です。

 

科学的根拠が確認されている成分を一定基準量含んでいるのであれば、届出がなくても国が定めた表現の範囲で機能性が表示(痩せます・体重が減りますなど)できます。

 

機能性表示食品制度ができた理由

これまでのトクホ及び栄養機能食品にプラスして『機能性表示食品制度』が新たにできたのにはちゃんとした理由があります。

 

目的に応じた食品を選びやすくなる

健康が気になる人にとって、どんな効果があるのかを知ることは、目的に応じた食品を選ぶときに参考となるポイントです。

 

・目が疲れやすい
・お腹の調子が安定しない
・ストレスを溜めこみたくない

 

健康の悩みに対して機能性が表示されていれば、自分に合った食品を手に取りやすくなります。

 

機能性を示した商品の選択肢が増える

トクホや栄養機能食品は機能性を審査されたり、定めた基準量をクリアしていなければ認められないものです。

 

当然、お金も時間もかかりますので商品数は決して多くありませんでした。

 

 

機能性表示食品は安全性・機能性について一定の基準をクリアできていれば、企業や生産者の責任において機能を表示できるため、商品の選択肢が増えるというメリットがあります。

 

 

もちろんそのためには企業や生産者が根拠ある研究データなどを、消費者にわかりやすい形で提示しなくてはなりませんし、消費者も正しい商品情報を得たうえで判断する必要がありますが、健康意識が高まるという点でも大きなメリットであると言えるでしょう。

 

 

これらの保健機能食品はどれを選べば効果がある、というものではありません。

 

食品やサプリメントで健康効果を得たいと思ったときには、自分の悩みや生活環境に合ったものを選ぶことが大切です。

機能性表示食品のガイドラインについて

機能性表示食品として認められるためには、ガイドラインに沿って届出をする必要があります。

 

どんな流れで届出を行うのか見てみましょう。

 

 

@対象食品となるかの判断

A安全性の根拠

B生産・製造及び品質の管理

C健康被害の情報収集体制

D機能性の根拠

E表示の内容

 

 

機能性表示食品のガイドラインはさまざまな規定を定めており、安全性や機能性の根拠を明確にしたうえで、消費者に正しい情報を公開することが強く定義づけられています。

機能性表示食品とトクホにはこんな違いが!

機能性表示食品がどんなものかが分かったところで、気になるのはCMや雑誌などでよく取り上げられているトクホとの違いですよね。

 

前述したように国からの許可があるかどうかが違うのですが、それ意外にもさまざまな違いがあります。

 

機能性表示食品とトクホの特徴

 

表示

トクホとして認められている商品には特定保健用食品の表示と、消費者庁が許可したことを示すマークがついています。

 

機能性表示食品にはマークがなく、文字のみで表示されています。

 

有効性/機能性・安全性の評価

健康効果への有効性及び機能性、また安全性の評価についてはトクホは最終製品によるヒトでの試験を実施して、科学的に根拠を示さなくてはなりません。

 

機能性表示食品も同様ですが、文献などの引用によって科学的根拠を示す方法も認められています。

 

情報公開

トクホは企業による情報公開が義務付けられていませんが、機能性表示食品は義務付けられています。

 

健康強調表示(ヘルスクレーム)

健康強調表示は健康効果を示すために届出があり、認められた表記のことです。

 

それぞれの健康強調表示の一例は以下のとおりです。

 

 

トクホ

 

・お腹の調子を整える
・糖の吸収をおだやかにする
・体脂肪が減るのを助ける
・歯を丈夫で健康に保つ

 

 

機能性表示食品(上記以外)

 

・一時的なストレスを軽減
・筋肉を作る力をサポート
・記憶力の維持

 

ともに栄養成分の含有を表示することが可能で、

 

【トクホ】→特定の保健用途
【機能性表示食品】→機能性

 

それぞれこのような特徴を持っています。

 

 

また、トクホは疾病リスクの低減表示が可能ですが、機能性表示食品の場合は程度を表す表現は使用できません。

 

 

トクホは1991年に施行されてから2016年までに約1200点が認可されていますが、機能性表示食品は2015年からの2年足らずで約600点が認可されていることから、今後ますます商品数は増えていくと推測されます。

 

機能性表示食品の一覧をチェックするには?

機能性表示食品にはどんな商品があるのかを知りたい場合には、消費庁HP「機能性表示食品に関する情報」の機能性表示食品届出一覧から全商品を確認することができます。

 

 

機能性表示食品の一覧表には

 

・届出日
・商品名
・届出者
・食品区分
・機能性関与成分名
・表示しようとする機能性
・変更履歴

 

などが記載されています。

 

 

ちなみにトクホにも一覧表がありますが

 

・商品名
・申請者
・食品の種類
・効果に関与する成分
・許可を受けた表示内容
・摂取時の注意事項
・1日の目安摂取量

 

などが記載されており、少し違いがあるようです。

 

 

健康効果のある食品および商品を探しているのであれば、一覧を参考にしてみるのも方法のひとつですね!

 

 

機能性表示食品とはどんなものなのか、お分かりいただけたでしょうか?

 

悩みを食品やサプリメントで改善したいと考えているときには、機能性表示食品を上手に活用していきたいですね!

関連ページ

しじみは肝臓に良い?【知っておくべき効果と成分】
しじみは肝臓に良いと耳にしますが、しじみのどの成分が肝臓に効くのか、その肝臓への働きについて解説しています。
肝臓の機能アップには牡蠣!でもなんで?
牡蠣は肝機能を高める食品としてしじみと並んで有名です。しかしなぜ牡蠣が有効なのでしょうか?こちらで詳細を解説!
効果を2倍にする食べ合わせ【肝機能を効率良く向上】
肝臓に良い食べ物は数多くありますが、実は一緒に食べるものを工夫するだけでその効果が何倍にもなります。
肝臓病食のレシピ・献立【肝臓に負担をかけ続けるとこんな食事に?!】
肝臓病食について。肝臓に病気があると食事にも制限がはいります。どれだけ食事制限があるのか、実際の肝臓病食をモデルとしたメニューをごらんください。
食べる量・カロリーをひと工夫で無理なく減らす方法!【脂肪肝予防法】
脂肪肝の要因は食べ過ぎ・カロリーの摂りすぎがそのほとんど。こちらではそんな食べる量やカロリーを無理なく減らし、食事における脂肪肝対策をご紹介します。